創祀1100年

石清尾八幡宮は延喜18年、西暦918年に創祀されました。

高松総鎮守として氏子の皆さまに親しまれ、今年は1100年を迎えます。

この佳節を奉祝すると共に、老朽化の激しい各建造物の修復を行って参りました

つきましては、皆さまの御篤志をいただき、この記念事業への御奉賛賜りますようお願い申し上げます。

尚、ご寄進いただけます方は恐れ入りますが、社務所にお声をかけて頂きますようお願い申し上げます。

受付金額 一口 金五千円より

「御本殿土台修復工事」 完了

「末社社殿修復工事」 完了

「社務所並びに上拝殿への渡り廊下の屋根葺き替え工事」 工事中

「社務所内改修工事」 工事中

6月3日「創祀千百年記念大祭 及び 奉祝奉賛行事」

来る6月3日(日)には「千百年祭」を斎行致します。

それに合わせて境内の内外で、稚児行列や舞楽奉納などの様々な奉祝行事を執り行います。

また、この記念すべき日限定の御朱印もお出しする予定です。

内容や時間が確定次第、氏子崇敬者の皆さまにもお知らせ致しますので、暫くの間お待ち願います。

稚児行列